For That Classic Panama

Powered By AMMAX INC

CUENCA - クエンカパナマ帽のスタイル

パナマ帽の網目の細かさはココから
パナマ帽の網目の細かさはココから
標高2500mに広がる穏やかな町並みは訪れる観光客の言葉を一つ残らず驚きのため息に変えるほど絶景だ。セラミック芸術品や木彫りの雑貨等、感動の一品が生まれ続ける町で編み出された技術がエクアンディーノを支える網手法の一つだ。家族以外には伝授されず、中でももっとも編むのが上手い編手がさらに伝授していくシステムは自然に高品質の製品を生み出す文化になっている。どのパナマ帽も編み始める際は天辺の中心部からとなる。高い品質の製品はトキア草の細かさにともない天辺にある円の数が自然に増える。通常の品質はこの円が10周あるが、品質によりこれらは30周にも及ぶ。編子は伝授された方法で帽子を作る。クエンカで生産されるパナマ帽の大半は女性により作られるものであり、編子は全員パナマ帽生産ともう一つ別の家業を担当している。地域により内容が異なるが、家業は農業や水産業が大半だという。平均的に1週間2つ~3つの帽子を編み上げるため、年間で約100~150個の帽子を一人で作ることとなる。

編が終わり次第、余ったトキア草は適当な長さで切られ調整される。後、製品のスタイルや色によって次のステップが異なる。右上の写真は白の色までトキア草の色を落とすために使用する特殊な液体に使ったパナマ帽の写真だ。一回に300個もの帽子を扱うものもあれば、600個を超える入れ物もある。
近年注目されている明るい色のパナマ帽の鮮やかな色合いを実現するのには欠かせないステップになっている。
パナマ帽の網目の細かさはココから
脱色後各帽子を広げ太陽の下で乾かす作業がある。一度乾いた製品はその後色をつけるものとつけないものに分かれる。近年好評のカラーパナマハットは、ドイツから取り寄せている特殊なオーガニック素材を使用したカラーをお湯に混ぜ帽子を30分ほどつける。右(中)の写真の場合帽子の広は少し明るめの青色になる。着色の作業が終わったものは再度乾かし均等に色が染まっているかが確認される。パナマ帽の有名な形はトキア草の柔軟性にあるといわれている。着色をしたものやそうでない製品も次のこのステップを欠かさない。(左中)上下からハンマーの様な鉄を機械で動かし一度に10個から20個の帽子を左の写真のように叩く作業がだ。これをすることにより糊や色の成分で固まっていたトキア草が柔らかくなり型にいれる作業がよりスムーズに進む。

 
製品や型によって今後のステップは異なる場合があるが、通常幅広い製品は全てここまで紹介したステップを終え製品化されている。最後に大切なのがパナマ帽のシグニチャーでもあるその形だ。製品により異なる型を使用し、熱したフライパンのような機械で約30秒ほど固定する
パナマ帽の網目の細かさはココから
。焼けどしそうな熱気の中完成するのがEcua-Andinoの帽子だ。
パナマ帽の網目の細かさはココから
クエンカではその周辺から集められた編たての帽子の色を抜き新たに着色させ最後にバンドを縫い付ける作業まで行っている。各作業を担当する者の技量が少しでも掛けていてはこの品質は実現不可能でしょう。各自に伝授された技術を最大限に生かし、バトンを渡すかのように次の職人に渡して行くことこそがパナマハットの特徴だろう。年間何千ものパナマハットを作りEcua-Andino本社で製品化されている。パナマ帽はその生産過程までもが一つの製品となっている。





 
トキア草感想現場